スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街中のラクダ 

先日、新橋を歩いていたらビルの入口にラクダ発見。
そこにある会社のトレードマークでした。
モザイク状によく出来ていて、いい感じです。
それだけで、この会社に親近感を感じてしまいます。

door



特定の動物が好き、という人によっていろいろあると思うのですが、
ラクダ好き、というのは亀好き、などに比べるとちょっと少ない…。亀は、「うさぎと亀」などの童話もあるくらい日本だけでなく、世界中で、「長寿」「遅い/スローライフ」などと関連づけられて親しまれているようです。
そんな亀に比べると、今ひとつマイナーな存在のラクダ。

以前にエジプトに行った時に、ピラミッドのそばでラクダに追いかけられたことがあります。そこでは観光客をラクダに乗せて写真を撮る事でお金をせびろうとするのですが、お金のないバックパッカーだった僕が断固として断り続けたので、業者がふざけてラクダに僕を追いかけさせたのでした。身長180以上ある僕よりも高い場所にラクダの顔があって、歯をがちがち言わせながら向かってくるのが、相当怖かったのを憶えています。でもふだんは静かな哲学者のように見えて、実は意外に怖く、凶暴にさえ見えるというギャップも好きな理由のひとつ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。