スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Green Bird』(NPO)と連携決定! 

gb


「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに、
原宿表参道をはじめ、渋谷、歌舞伎町、駒沢、福岡など(どんどん拡大中)街のそうじ活動をしているプロジェクト『Green Bird』(NPO)が当プロジェクトに協力してくれることになりました!

というわけで当日、会場ではこの『Green Bird』のロゴ入り携帯灰皿を、来場者に無料で配る予定。喫煙者の僕も、もちろんポイ捨てには反対ですから。
彼らも言うように、

「ゴミのポイ捨てはカッコ悪いぜ!」

また当日、会場で売る予定の「FREE CAMEL」ボックス、Tシャツ、ライターなどの売り上げの一部を『Green Bird』に寄付することにしました。

ちなみに「ゴミやタバコをポイ捨てしない。」と宣言すれば、誰もがgreen birdのメンバーだそうです。どうでしょうか、あなたのも宣言してみては?


スポンサーサイト

コメント

いい組合せですね!

タバコってそのものより
それを吸う人にイメージが
依存するメディアですよね。

  • [2006/08/25 19:36]
  • URL |
  • ヒマナイヌの川井
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ども!
タバコがメディア??
初め今イチ意味がわからなかったですが、
たしかにそうと言えますね。
最近なんでも「メディア化する」のがはやっているような気もするし、メディアってなんだか広がりのある言葉だなと改めて思います。

マナー

確かにゴミなど捨てるのは今時みっともないよね
守るべきマナーを守るってのは大事だと思う

ゴミの分別もそうだ
普通ゴミも空き缶もペットも一緒くたに捨てたらよくないし
「分けて捨てるのは簡単だ」から分別しよう

でも疑問なのは、ペットボトルのラベル剥がしてキャップを開けて中を洗って・・・って

そこまでするのがマナー?
それは業者がすべき作業を消費者に押し付けてない?

単体のゴミを、ちゃんと分けて捨ててねってのは分かる
しかし一つもゴミを分解して捨ててねってのは

ポイ捨てはいけません、って誰もがわかるマナーを利用して
正しくはこうですと、企業の都合を押し付けられたようなマナーってのも結構ある気がする

煙草のマナーについてもよくそう感じる事があるんだよね
喫煙席でも隣が禁煙席で人が居たら吸うなとか
それは個別に解決すべきマナーな気がする

と、GreenBirdのサイトを見て想い巡った

ペットボトルの話は知らなかったですが、原則論から言えばたしかにほんとは企業がやるべきこと(そういう材質のパッケージを開発するとか)なんでしょうね。

努力してるのかもしれないけど、少なくとも今の時点では出来てない(でも最近リサイクルペットボトルをつくったという「生茶」とかは地味だけど、評価されるべきだと思う)ので、その分、消費者に負担がかかる。

たしかに面倒くさいけど、そんなに大変ってわけでもないから、その辺は個々の小さなことが役に立つのなら、ということで…消費者と企業が協力してやっていくというのもありかなと思います。

マナーってルールとは違って基本的には人の善意にもとづいてますよね。それがルールのように人を縛るものになってきているのが気持ち悪いなとは思ってます。

Green Bird

Green Birdが協力・・・
いいじゃないですか^^

タバコのポイ捨ては、日本中のどこでも見受けられる最も みっともない行為の一つですものね。
一部のマナーの悪い喫煙者によって、喫煙を心から楽しんでいる人が迷惑しているのは、可哀そうですね。

Hideさんがコメントで
>マナーってルールとは違って基本的には人の善意にもとづいてますよね。それがルールのように人を縛るものになってきているのが気持ち悪いなとは思ってます。

よく解る気がしますよ
タバコの副煙流や臭いが非喫煙者に迷惑かけてるってことは、吸う側には解ってることなのだから、マナーとして自粛するのが当たり前だのクラッカーですよね^^

それでも
まだ
非喫煙者の前で
「吸ってもいい?」って
きくアホな喫煙者がいますがね・・・

喫煙者だけでの空間によるイベント、
いいじゃないですか、ゆったり吸えて

でも、健康の為に吸い過ぎには、ご注意を・・・
って、冗談ですからね

また、来ますね^^


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://100bit.blog67.fc2.com/tb.php/32-7e67b8db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。