スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙草のにおい:他者への想像力、思いやり 

sadmanさんのブログ、「おかしな事を言うな」で、煙草の煙の匂い(臭い)に関する議論が盛り上がっていて(…と書いたけど、現時点で50もコメントあるのに、主に議論を続けているsadmanさんとFT-620Bさんがすれ違い続けているのが残念。同時に、根本的に違うサイドの意見を持つ者同士が議論をする難しさも改めて感じる)、僕は、大筋ではsadmanさんの意見に賛成なのですが、ここで改めて「煙草の煙のにおい」に関する自分の考えをまとめておこうと思います。

まず、煙草の煙の「匂い」は人によっては(特に非喫煙者にとって)かなり「臭い」ものだいうのは事実だと思います(時には喫煙者の僕でも他人の煙を鬱陶しいと思うことはある)。また、喫煙者がそれ対してしばしば無自覚、無神経であることも多いと思います。喫煙者サイドとしても、きっちりとこの「煙草が人によっては非常に臭い」ことを意識して気をつけるのは重要なことだと思います。一方で、そういう「煙草の煙は臭い」という声が増えたことによって、近年、各所で分煙化、マナー啓蒙が進んで来ているわけで、そのことについてはsadmanさん同様、僕は賛成しています。

ただ重要なのは、sadmanさんも言うように煙草の「匂い」は、喫煙者にとっては当然、いい「匂い」なわけで(非喫煙者でもそれほど不快ではないという人もいる)、公衆便所やゴミ捨て場、ドブ川などの「臭い」とは違って「誰もが臭いと思うものではない」ということ。

だから嫌喫煙者サイドの主観から(FT-620Bさんのように)、一方的に「煙草の煙は臭い=悪」と決めつけ、喫煙ルームのドアの隙間からちょっとでも漏れる煙や、喫煙車両からドアを空けた時に漏れる煙、屋外での離れたところから漂ってくる煙などから、微量でも煙草の匂いが感知されると目くじらを立てて「全面禁煙=ゼロにしろ」のは、ちょっと行き過ぎなんじゃないでしょうか。

「微量でも、副流煙による健康への害がある」という主張もあり得るかもしれませんが、屋外の動いた空気の中で、微量の煙草の臭いが感知できる程度の副流煙が健康に深刻な害をもたらすとは、そもそも副流煙による受動喫煙の問題のもととなっている「平山学説」については多くの矛盾が指摘されている(「禁煙ファシズムと戦う」小谷野敦他、共著)中、考えにくいと思います。

ブログでの議論の中で「受忍限度」という言葉が出て来てましたが、そりゃ密閉した空間の中で煙草を吸われて煙を吐き出せれたり、屋外でも、すぐ隣で顔に向かって吐き出されたりしたら、我慢成らないのは当然。そういうことにならないために、分煙があり、マナーがあり、今時それを守らない喫煙者は論外だと思います。

オノ・ヨーコは、今の社会に必要なのは「思いやり」だとどこかで言っていました。
柄谷行人は、それを「他者への想像力」とも言っています。(「倫理21」)

もちろん、これらの言葉は喫煙/嫌煙についてではなく、あちこちで戦争の起こっている社会全体についてだけど、僕は今の喫煙/嫌煙論議にも同じことが言えると思います。嫌煙ブームでヒステリックになっている人は、喫煙者の立場への想像力と思いやりに欠けているし、逆にマナーを守らない喫煙者も、非喫煙者への想像力と思いやりに欠けていると言えます。

多種多様な人がいるのが社会であり、
違った価値観を持った人がいるからこそ世の中は面白いのだと思います。
必要なのはお互いが相手のことを想像し、思いやること。
ひとつの価値観を押し付けるのではなく、異なる価値観をお互いが尊重し合う、
僕はそんな社会になってほしいと思っています。
[煙草ブログランキング]


スポンサーサイト

コメント

久しぶり。
二十歳から喫煙して10年、三十歳で禁煙して5年になろうとしてるよ。
「おもいやりと他者への想像力」、これはあらゆることを解決してくれるんだけど、正直道は長いね。
俺の周りではかなり難しいな。
同じく道は長いんだけど、「美しいかどうかで決める」というのも個人的には気に入っている。
「美しい」には「美味い」も含まれていて、美味い食事をする前に煙草を吸うやつが灰皿においた煙がこちらに流れてくると非常にむかつくし、食後の美味そうな一服は正直うらやましい。
そのほか、煙草が絡むいろんなシーンで美しい(格好いい)かどうか判別できるシーンがたくさんあると思う。
迷った時は美しいと思うほうを選択しろ。

ども、ひさしぶり。
そっか、JUNはもう禁煙して5年も経つのか…。

美しいかどうか、っていうのは僕も好きな判断基準。恋人選びでも車選びでも仕事選びでも、なんでも美しさを基準したらすごいような。だけど、問題なのは、美しさの感じ方に個人差があるのと、美しさ自体も時間とともに変ったりと、相対的だってところか。
美味しい食事中に煙草の煙が流れてくるとムカツクというのは、喫煙者の僕でもちょっとわかります。特に寿司屋かな。とはいいながら、やっぱり煙草が吸える寿司屋の方がうれしいが。

Hideの言うとおり、美しさも主観だしニオイも主観なんだよね。
煙草がアイデンティティの1つになっているHideの風通しのいい家(笑)で、煙のニオイは全然気にならないし、尊敬できる上司と飲みに行って有益な話を聞いているときの上司の煙草もきにならない。でも同僚と昼飯に行って着席してすぐの灰皿から流れてくる煙は嫌なんだよな。でもその同僚が休憩室で休憩するときはきちんと空気清浄機の前に座るのを心がけているのは微笑ましいよ。
ってただの具体的な話になっただけですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://100bit.blog67.fc2.com/tb.php/30-24c81483

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。