スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らくだ【駱駝】 

らくだ【駱駝】:1.ウシ目ラクダ科ラクダ属の哺乳類の総称。北アフリカからアラビアにいるヒトコブラクダと中央アジアから蒙古にいるフタコブラクダの二種。前者は頭胴長2.5メートルほど、後者はやや大きい。毛色はふつう黄褐色。砂漠での生活に適し、脚の裏は厚く柔らかく砂にのめりこむのを防ぎ、鼻孔は開閉できて砂が入り込まない。背に脂肪質のこぶがあり、養分を蓄えるほか、代謝水ともなる。運搬用・常用として飼養され、砂漠の旅行に重要な家畜。毛は織物の材料。なお、ラクダ科にはラマ・アルパカも含む。たくだ。駝馬。両峰駝(りようほうだ)。2. 毛織物・毛糸の一種。ラクダの毛から製したもの。灰褐色。[ーのシャツ] 3. 江戸時代、夫婦または男女が連れだって歩くこと。4. 江戸時代、炭、?燭などの下等品の称。

ー広辞苑

スポンサーサイト

コメント

航空管制官

航空管制官とは、空港の管制塔から、離着陸の許可・飛行の方向・高度などの指示をパイロットに送る航空交通管制業務を行う国家公務員 http://gastroenteritis3.stepuptechnologies.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://100bit.blog67.fc2.com/tb.php/13-68ad9c65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。