スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール/略歴 

このブログでははじめ何となくあだ名のHideで通していたので、そろそろカミングアウトすることにしました。

近藤ヒデノリ HIDENORI KONDO

1971年横浜生まれ。CMプランナーとして4年間広告代理店にて勤務後、ニューヨーク大学/国際写真センター(ICP)修士課程に留学。9.11直前に帰国後、復職。留学中から馬場正尊らと季刊誌[A]を創刊・編集に携わる他、広告、サッカー、スケートボードなどをネタに、隠された権力を読み替える「Removed」「PLAY」「無重力スポーツ」など写真作品やインスタレーションを国内外で発表。近年は、人のつながりと対話をテーマに「Wedding」展のキュレーション、2005年からはインタビュープロジェクト「TOKYOSOURCE」編集長を務める。この9月、昨今の禁煙ブームとラクダをネタに久々の個展を行う予定。近年は広告にも力を入れているが、そろそろヒットさせたいと思うこの頃。



学歴
1993 東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)II部一年修了
1994 慶応義塾大学経済学部卒業
2000 ニューヨーク大学/国際写真センター(ICP)芸術学部修士課程(MA)卒業

主な活動・展覧会・
2005
“TOKYO SOURCE”始動。(インタビュープロジェクト)
“Free Wall”、POINT、東京(アーティストブック「100bit」展示)
2004
“戦後?”, Appel, 東京(アーティストブック「100bit」展示)
“Wedding”、SPACE FORCE, 東京(37人のクリエイターによる展覧会/キュレーション)
2003
“Plan & Digression”、国際写真センター, ニューヨーク(写真作品)
“TOKYO POCKET”、板橋区段ボール工場(インスタレーション)
2002
フィリップモリアートアワード2002、ザ・ファースト・ムーブ”、
東京国際フォーラム、東京(写真作品)
“Brooklyn- Paris Exchange,” L'Espace Huit Novembre, パリ(写真作品)
“近藤ヒデノリ” 原宿EX’ REALM, 東京(インスタレーション)
“無重力スポーツ”、Tokyo Art Jungle、東京国際フォーラム、
東京(インスタレーション/キュレーター:デビッド・ディヒーリ)、
“ユニバーサル・プレイシング” 慶應大学SFCロビーギャラリー、
藤沢(インスタレーション)
“Sony Dream World/QUALIA” video installation(キュレーション)
2001
“PLAY”、Momenta Art、NY(インスタレーション)
“人工楽園”、 Art Resources Transfer、NY(写真作品)
“Annual Benefit”、 Momenta Art + White Columns、NY(写真作品)
“Removed(消されたファッションモデル)”、Ruby Gallery、NY(写真作品)
“スモール・ワークス”、 80 Washington SQ Galleries、NY(写真作品)
“不在のーVacancy”、 Star67 gallery, Brooklyn、NY(写真作品)
2000
“Removed(消されたファッションモデル)”、Cave、NY(写真作品)
“人工楽園”(MA Thesis show)、80 Washington SQ Galleries、NY(写真展示)
1999
“1 minutes 6 places”、Asian American Art Center、NY(ビデオ作品)
“Hidenori Kondo ? Alejandro Cesarco”、 Rosenberg Gallery、NY(写真+立体)
Cantor Film Centor、ニューヨーク(ビデオ作品)

賞歴
2002 フィリップモリスアートアワード入賞
2000 キャノン写真新世紀佳作

編集・執筆・出版
“Activists?動くことで分かること"(共著/文芸社)
[Big] magazine、Asia Issue(タナカノリユキ責任編集), 2002
[Japan] magazine, オランダ, “Out of Fashion- Hidenori Kondo”
[A] magazine*、issue 12, “芸術的/サッカー的”、作品 & エッセイ,、日本
[A] magazine、issue 10、"On Concept ?ニューヨーク発、10人の写真を使ったアーティストたち”、日本
[A] magazine、issue 8、 “Ordinary Garden”(写真作品)、 “アジア:視線と記憶”(巻頭エッセイ)
[A] magazine、issue 5、”都市の野性”(写真作品&エッセイ)、日本
[流行通信]magazine、”Buzz Club-News from Japan”、“Thomas Demand/Sophie Calle”、
“Felix G. Torres/Big: 4 Uruguayan Artists”(NYアート紹介執筆)
[YPU] Young Photographers United、ベルギー(写真作品)
“M. Rosler/Air-conditoned: interiors”
[ART-iT]magazine、(アート紹介執筆)

*[A]magazine:建築家、馬場正尊らとともに1998年に創刊した季刊誌(光琳社→文芸社)。
編集、執筆、作品提供に携わる。

広告
(広告コミュニケーションーTVCM、ウェブ、交通広告など企画制作)
ホンダ、花王、カシオ、日本コカコーラ、NTTドコモ、ソニー、理想科学、
Play Station、サントリー、TBC、LAWSONなど








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。